WordPress Ping Optimizerのプラグイン、PHP7.2更新でエラーが出た場合

スポンサーリンク

WordPressは常に進化し、アップグレートをしています。

使い方次第では、様々なサイトが作れる凄いものだと思う。

 

今回はサイトを運営中に起きた、プラグインのエラー問題について書きます。

『Wordpress Ping Optimizer』のエラー問題!

 

 

スポンサーリンク

WordPressをPHP7.2の時、Wordpress Ping Optimizerでエラー

WordPressをPHP7.2に更新した場合、【Wordpress Ping Optimizer】というプラグインを使用している方はエラーメッセージがサイト上に表示されるという問題が発生することがあります。

 

WordPress Ping Optimizerというプラグインとは、一体どんなプラグイン?

WordPress Ping Optimizerというプラグインの用途を簡単に説明すると、SEO対策のために記事の更新をPIN送信してくれるプラグインになります。

WordPressのPIN暴走を制御する役割も果たしてくれていて、非常に便利なプラグインの1つになります。

 

スポンサーリンク

WordPress Ping Optimizerでエラーが出た画像とエラー文

当サイトではなく、もう1つ運営しているサイトで、Wordpress Ping Optimizerのエラーが発生しました。

薄っすらと見えると思いますが、これがエラーメッセージです。

 

エラーが発生している時の画像

サイト内でエラーが発生した時、このように表示されていました。

 

Wordpress Ping Optimizerのエラー画像

 

サイト上に表示される、Wordpress Ping Optimizerのエラーメッセージ文について

どんなエラーメッセージが書かれていたのかというと、下記になります。

Warning: count (): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hogehoge/domains/hoge.com/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

 

【上記の英文の意味はこちら】

ファイルマネージャ―またはFTPソフトで、「wp-content」を開く。

その後は、「plugins」→「wordpress-ping-optimizer」→「cbnet-ping-optimizer.php」という形でcbnet-ping-optimizer.phpを開く。

「cbnet-ping-optimizer.php」をテキストエディターにコピーして貼り付けて、533行目を見て下さい。

そこがエラーになっています。

という意味です。

 

スポンサーリンク

cbnet-ping-optimizer.phpのエラーの直し方

533行目の文章を下記に変更して、保存をする。

【533行目に記載されている文章】

$pingCount=count($this->cbnetpo_future_pings);

【533行目の文章をこれに入れ替える】

$pingCount = $this->cbnetpo_future_pings ? count( $this->cbnetpo_future_pings ) : 1;

 

変更後は保存して、サイトを確認するとエラー文章は消えているはずです。

 

スポンサーリンク

最後に…

2019年5月の時点でも、新サイトを作った際に『Wordpress Ping Optimizer』を入れたらエラーが出ました。

上記の方法で、エラーを直しました。

同じように、Wordpress Ping Optimizer というプラグインを入れてエラーが出た方々…

上記の方法で、エラー解除をしてもらえたらなって思います。

 

☆RUKA☆

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■Twitter
https://twitter.com/ruka_road

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメント 入力項目は、全て入力しないと送信出来ません。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました